青空ウエディングを創り上げる記録

移動販売車が創るアウトドアウエディングプロジェクト。Outdoor weddingの自由さ・不自由さを面白ろおかしく記録します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白にこだわったお色直し

4月20日の青空ウエディングで着たウエディングドレス、私の母が作ったものなんです。

せっかく母が作ってくれたものなのでドレスはずっとこれを着たままにしたい、と思っておりました。
でも準備期間途中から、お色直しすることによってパーティー中の演出にもなるし、いろいろ楽しめるよなーと思いはじめます。

そこで「白いウエディングドレスで3パターンのイメージ作り」を考えました。
まず一回目、人前式で入場してくるタイミングは可愛らしい雰囲気で。

花冠とブーケはサノフラワーの作家「増田亮子さん(通称ラッシェルさん)」にお願いしました。

野外らしくて、テーマカラーに決めている「白・緑・茶」から外れないように
イメージも細かくお伝えして作って頂きました。

532857_588229867869028_932816468_n_convert_20130422152636.jpg

そしてお次はヘアメイクショーで、色は白のまま雰囲気を変えるアレンジ。
0529589_588232727868742_1384907209_n_convert_20130422153215.jpg

仕上がりはこんな感じ。
パニエを取って、頭にかっこいい飾りを付けて貰って。
011988_588233931201955_1313303330_n_convert_20130422153133.jpg
フォークダンスを踊る時は、「くるっと回って」の部分で髪飾りがひっかかったけどねw

キリッとしてカッコいいでしょ?
65654_588233327868682_1428331655_n_convert_20130422152718.jpg

その後の二次会は私のイメージにない色を使ってアレンジしていただきました。
アレンジの担当はお花作家さんBaumの市橋さん
ドレスは中に折りこんでバルーンにしてもらったよ。
新郎のブートニアもすごく素敵です。
(新郎の衣装は全部自前。今回の為に買い揃え、これからも日常で着る予定だよ^^)
64128_441022809315470_656031637_n_convert_20130422152451.jpg

062659_444380962304737_1588720702_n_convert_20130422160358.jpg
↑イヤリングしてるの見えるかな。これはアクセサリー作家「Lemonade」さんの作品。
お花のイメージに合わせて作って下さいました。
すごくぴったりで可愛かった~~~♪



私はずっと疑問に思っていたのです。
「お色直しって必要?カラードレス、本当に着たいと思う?」と。

カラードレスなら結婚後でもいつでも着れると思うんですよ。機会があれば。
まぁそんな機会はなかなかないのだけど、結婚式で花嫁が一番綺麗に(というか幸せそうに)見えるのは
何と言っても白だと思うし
白ドレスは結婚後は着ないと思うし。

白いドレスのまま、イメージチェンジ出来たほうが楽しいよなーと思って
お願いしたのが今回の「白から白へのお色直し」でした。


一点問題だったのが、「白から白だと、変わったことが気付かれない可能性もある」という意見が出て
それならみんなの前でお色直ししよう☆と。

こんなワガママが実現できたのは、凄腕ヘアメイクさんのおかげ。
本当にありがとうございました(>_<)



お色直しにも「相手の家に染まる」的な意味があるみたいだけどね。
どうも後付けに思えてならない新婦・陽子でした。(ドレス屋さん、ごめんなさい)
スポンサーサイト

| アイデア | 16:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

きゃーーー手作りのウエディングドレス
素敵です!
お母様器用でうらやましい・・・

みんなの前でお色直しという企画
いいアイディアですね❤

あぁー私も早くウエディングドレス着たいよ(泣)

| はせちこ | 2013/04/22 21:01 | URL |

おめでとうございます!

素敵な結婚式だったんですね。
心さえ籠もっていれば型にはまらなくても自分らしいセレモニーが素敵だと思います。

私は主人の両親のたっての希望の式場を選ばざるをえませんでしたが、その中で式場の方たちの渋い顔をさらに渋くさせてなるべく自分たちらしさを通しましたが、あまり記憶には残っていません。

もりよさんのお式の形は細部まで、もりよさんたちにも、お客様たちの記憶にもしっかりと残る素敵な結婚式ですね。

| かか | 2013/04/25 10:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yagaiwedding.blog.fc2.com/tb.php/132-3da582a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。